このドキュメントは、日本語入力のチュートリアル時に適当な文章が欲しいとの ことで作成したものであるが、いま読み返してみると、少々(かなり?)いじわるな 課題だった。
というのも、日常あるいは平均的な大学生活で使う文章からはだいぶ違う文章であるからだ。 1コマの時間にキーボードに慣れるほどの頻度は期待できないので、以下のようなことを考えていた 記憶がある。 などだ。意図はいいとしても、しかし「ゐ、ゑ」など不用であったし、 熊楠の文章は名文であるが一般の語彙とかけ離れていて(もとより大碩学のこの先生と同等に使える語彙を有す 人などめったにいないが、平成の人間には辞書を引かねば意味もわからん場合がある)、 入力チュートリアルの教材としてかなり不適切な気がする。
それでもみたい人は、どうそ。 WordInputTraining.pdf